運動も並行していこう | 医学部を目指したいという人に向けてアドバイスします

運動も並行していこう

仲良し

医学部へ行くためにはいろんな専門知識を学び、すべてをインプットしていく必要があります。
そのため受験が終わるまでは常に勉強をし続けることになるでしょう。
毎日時間が足りないなと感じやすくなると思いますが、ここであなたに重要なことを話しておきます。
それはずばり「運動をする時間も必要」だということ。

医学部と運動なんて直接的に関係ないだろうと思われるかもしれませんが、運動というのはむしろかなり重要なポイントになるのです。
実は運動することで脳の線条体と前頭葉皮質の灰白質が多くなり、それによって記憶力や思考力がアップします。
たとえばジョギングは有酸素運動になりますが、それによって学習能力をつかさどる海馬の働きを改善することができます。
もちろん走らなくてもウォーキングをするだけでそれは有酸素運動になるので、勉強を頑張らなければいけない人にとってはとても重要なポイントとなるでしょう。

なお有酸素運動は長時間続けなければ意味がないと思われがちですが、勉強を効率的におこなう上ではあまり関係ありません。
たとえばダイエットを目標にしているのであれば別ですが、そうじゃない場合は短時間のウォーキングやジョギングでも問題なしです。

ちなみに予備校によっては普通の授業とは別でヨガを取り入れているところもあります。
ヨガはダイエットにも効果的ですし、呼吸を整えていろんなポーズをとることにより心身のバランスを整えることができます。
そのため集中力が高まるので、精神状態が穏やかになり勉強も一段とはかどるようになるでしょう。