何を基準に選ぶのか | 医学部を目指したいという人に向けてアドバイスします

何を基準に選ぶのか

個別指導

実は医学部の受験は年々希望する人が増えてきています。
そのため受験に合格するにはかなりハードルが高くなってきているのが現状です。
だから今回は、できるだけ高確率で医学部の受験に成功できるように、予備校の選び方についての話をしていきたいと思います。

まず予備校といっても色々あるわけですが、あなたにおすすめしたいのは「完全個別指導」の予備校になります。
このタイプの予備校に入れば、高確率で医学部へと進学することができるでしょう。

ではなぜ完全個別指導の予備校が効果的だといえるのか?
医学部受験の勉強をする環境というのは、集団指導の医系専門予備校や少人数制と個別指導を組み合わせた医系専門予備校など色々な環境が用意されています。
おそらく最初は誰しも予備校選びに迷ってしまうと思いますが、ほとんどの人は勉強の仕方がわからなかったり、自力で受験勉強をすることができなかったりするでしょう。
そういう場合は完全個別指導をしている予備校を選ぶ方が絶対にいいです。
もし集団指導の予備校を選んでしまうとひとりひとりをしっかり見てくれなくなるので、人によっては予備校の恩恵を上手に受けられなくなるわけです。
一方で個別指導をしてくれる予備校であればマンツーマンになるので、ひとりひとりの生徒のレベルに合った授業をしてくれるようになります。
つまり周囲と比べて劣等感を感じている人でも、安心してカリキュラムを受けることができます。

学力レベルというのはそもそも人によって違いますし、科目によっても変化してきます。
そのため集団指導だと誰かが必ずついていけなくなるので、ついていけない人は余計に頭を抱えてしまうことになるわけです。